ヒメオオクワガタ

学名:Dorcus montivagus montivagus

オオクワガタよりも、ノコギリクワガタよりも、海外のどんな希少種よりも。
ヒメオオクワガタは、僕の一番好きなクワガタムシです。

2017年の夏、子供の頃から憧れ続けたこのクワガタを採集するため、初めて福島県の西端「檜枝岐村」を訪れました。関東から見ると「尾瀬の奥地」である檜枝岐は、地図で見る限りにおいては僕の地元・群馬との県境なのですが、実際には那須や日光のほうからグルッと回り込まなければアクセスできず、片道4時間弱を要します。
最初の挑戦ではその姿を目にすることさえ叶いませんでしたが、その後も遠征を重ね、なんとか満足のいく採集が出来るようになりました。檜枝岐、そしてヒメオオの魅力に惹かれ、気付けば2ヶ月の間に5度の訪問。完全にハマってしまいました。ヤナギの細枝に付く大型のヒメオオを発見した時には、えも言われぬ興奮を覚えます。・・・こんなん書いてたら行きたくなってきた。

そして、採ったそのあとは・・・もちろんブリードに挑戦です!


できねェと思うけど。


breeding

2017年9月

さて、それでは飼育を始めましょう。
ヒメオオが生息するのは、平地に比べ大幅に気温が低い標高1000mを超えるような高山帯です。そのため、飼育中も管理温度は24℃を上回らないようにし、出来る限り低温を心がけます。エサにかんしては通常のゼリーで全く問題ナシ。華奢な体のわりに結構食います。

♂♀の仲も良く、成虫の飼育はとてもかんたん。


そして繁殖。とはいえ産まなきゃ産まないで元々です。なんたってヒメオオですし。
では、セットするにあたって少し下調べをします。
なになに、温度は低く?やっぱりね。
え、堅いブナ材が良いと?なるほどね。
水分は多め?ふむふむ。
マットと材の境に産むの?へぇー。

じゃあこうしよう!


もう
ふつうにセット


だって結局どれもしっくり来ないんだもん(?)。
フツーにやることにしました。具体的には、クヌギ材やコナラ材、カワラ植菌材を産卵一番で半埋めにしたプラケ中、というもの。気に入ってくれるかどうかは、もう知らん。このまましばらく放っときます。



2018年9月

産卵セットに入れたまま越冬させ、迎えた翌春。

材を齧り出した!!!

4セット中3セットで動きが見られました。人気だったのは堅めのコナラ材。
実際産んだのは2頭で、たったわずか計5頭の回収ですが、F1採っただけでもう及第点!ホントに産んだ・・・

とりあえずまとめよう。

@産卵時期は春から夏。活動初年度には産まない?
A材は普通のコナラ材でOK。選り好みするので複数入れる。堅めで良質なヤツ。
B産卵時の推定温度は21℃前後。夏は24℃が上限になるよう善処。


得た感触としては、ざっとこんなところでしょうか。
室温を極力抑えているとはいえ、1年を通して生息地よりも高温での管理になっていることは間違いなく、体内時計を狂わせてしまっているかもしれません。
来春以降も検証してみます。

でもこれ成虫になってくれるだろうか?産むのは産んでも、幼虫で落ちるという話も聞く・・・
エサはカワラ菌床にしようと考え、ブリーダーズファームの大夢Kブナの500ccを選びました。投入から2ヶ月ほどで食痕が見え、2齢になったことが確認できたので、ここまでは順調と言っていいと思います。

サイズは構わない!無事に成長してくれ!!!