ミヤマクワガタ

学名:Lucanus maculifemoratus maculifemoratus

さてさて、たまにはフツーの国産種をやりましょうか。ドルクスとノコギリだけの【KUWAGATA Z】じゃありません。外産がうまくいかないから守備範囲が広いから、こんなのにも挑戦しちゃいますよ。みんな大好きミヤマクワガタです!

20年近くクワガタやってて実はこれが初ルカヌスの僕ですが、なぜ今ミヤマなのか?

それは・・・



拾ったから。


breeding

2015年7月

7月初旬のある夜、職場の外灯の下を歩く♀のクワガタ。遠目にも35mmくらいありそうなその姿に「ノコギリか?」などと思いながら拾いあげたそれは、初めて目にするクワガタでした。初めてながらもあまりに特徴的なフォルム、すぐにミヤマだとわかり喜び勇んでお持ち帰り、さっそく殖やしちゃおう!というスンポーです。

ミヤマの産卵は土みたいなマットで低温キープ、的なイメージを勝手に持っておりまして、それに沿ってセットを作成。26℃(高いよ)の部屋でプラケミニ(ミニかよ)にイイ感じの発酵マット+嵩増しの黒土をガッと詰めて♀34.5mmを投入!

最大の不安要素は・・・ブリードテク、じゃなくて、いや、それもだけど、
ワイルドのくせに発生初期で種が付いてないんじゃないか、ということ。

なんとかなれ!!



・追記

なんともならんかった!!
くそ〜!
また拾ったらリベンジしたろう。