ポジションランプ移設・LED化

たいした内容じゃありませんが、Zのページはなかなか更新の機会もないので、些細なことでもUPしようかと思いましてね。というわけで今回はポジションランプ(車幅灯)を可愛がってあげたので新ページとして追加です。


僕のZにはフォグランプが入っていません。というのも、フォグランプを支持している黒いデカい重い部品(名前が分からない)を外しているためです。したがって、フォグAssyと一緒になっているはずのポジションまでも付いていないことになってしまいます。そこで、いつかクリアウインカーを買った時に一緒に注文した、ポジション移設用のソケットの存在を思い出します。それを物置の中から汗だくになって探し出したんですがソケットが茶色だったのが気に入らなかったので、端子を簡単にマスキングし、黒スプレーで塗装しました。

次に、これを本来のポジションの配線に繋げます。カプラーに繋がる3本の導線の内、シックスセンスで「これだッ!」っていう1本をバツっと切断(マネしないでね)、被膜をちぎってねじり合わせたら半田付け。絶縁のための熱収縮チューブは半田付けの前に通しておかないとピンチです。僕は決してそんな凡ミスはしませんよ。もう一度言いましょうか。僕は決してそんな凡ミスはしませんよ

・・・お解り頂けたでしょうか(泣)。

そんなこんなで、取り付けるバルブをサッと紹介。外装にLEDを使ってナウい感じにしよう!と思い立ったのが今回のキッカケのひとつでもあります。LEDが9個付いてます。ソケットの規格(?)はT10というヤツみたいです。そのへん詳しくないのでよくわかんないです。
これ、取り付け後に外から丸見えだと思うんですけど、カッコいいものじゃないなぁ。見た目も考えた商品はないのかな。ま、これは数百円で買った物だから文句ないですけどね。



適当にアースさせ、ウインカーバルブの外側にソケットを差し込んで完成。
純正の位置と比べ、車幅が広く見えて良い感じです。
肝心の光り具合ですが、ちょっと青みがかっていて、正直あまり好みじゃないです。理想は真っ白、ケルビン数でいうなら5000Kくらいがいいな。