エンブレム交換

BMWのエンブレムは消耗品です。黒、白、青と3色も纏いつつ面積も大きいため、劣化が目立つ宿命を持っているからです。ボンネットのエンブレムは数年前に交換済みですが、トランクのものはボロボロ、ホイールに至っては4枚中3枚が走行中剥がれて紛失。古いクルマとはいえ、これではさすがにハズカシイので新品に交換します。無論、ここまでの流れ同様キラキラしたものやカーボン調などの品の悪いイミテーションは避けて、素直に純正品を使用。

並行輸入品を安く調達したら作業を始めます。
エンブレムの裏に生えた2本の足がボディに刺さってるだけの簡単な構造。マイナスドライバーなどを使い、ボディに傷が付かないようにウエスをあてがって穴の近くをテコでグイッ。
慎重にやるなら、裏にヒモを通す方法でも良いでしょう。

あとは新品をハメるだけです。



ホイール用の物はいくつかサイズがあるので注意。前もってサイズを計測してから、65mm径のものを用意しました。
封を開ければ、エンブレムの裏に両面テープが付いているだけの
とても質素な造りでしたので、接着剤を併用してガッチリ固定しました。
これでもう大丈夫。スペアもありますから盤石です。



真夏の東日本3日間激走の旅で東北に散ったエンブレムたちも、これで浮かばれる事でしょう。